「浮気調査」には「盗聴器」も必要。


夫婦が危機に陥る可能性もある浮気ですが、雑誌とかのページで「浮気調査」をする会社のような探偵事務所もあります。テレビなんかで見てると、まず証拠を押さえて、それから解決の仕方を考えることもあると思います。そういった調査には尾行や、もしかすると「盗聴器」のようなものも使用するのかもしれません。プロの会社がこのような盗聴のような方法をとるのかはわかりませんが、こういった機械が実際に売られているのも事実です。 プロは違法な調査はしませんから、逆に自分は何もしていないのに、恋人や伴侶から疑われて「浮気調査」をされているかもしれません。これは自分は何もしていないのですから、何を調査されても問題ないと思います。ただ付き合っている相手や伴侶なんかに、「盗聴器」とかを設置されていたら大変です。もしその人と別れようと思っていて、上手くいっていないときだとよけい難しい問題になります。そういった機械がないか調べてくれるのも調査会社の仕事です。 人間は、心配症のひともいますので相手のことを心配でどうしようもなくて「盗聴器」を設置してしまうひとなんかもいると思います。比較的簡単に手に入るようですし、コンセントの二股ソケットみたいなものに仕込まれていたり、ほかにもテレビの特集とかで設置されているひとが、業者に発見してもらっているのを見たりします。「浮気調査」とかで設置したのかもしれませんが、これでは人間関係が上手くいかなくなってしまいます。まず大事な人を信頼することが大事です。