浮気調査で盗聴器が利用されている


浮気調査に盗聴器が利用されているという話がニュース番組の特集などに取り上げられています。なぜ浮気調査に盗聴器が利用されるかというと、夫婦のどちらかが外出している時に、自宅へ盗聴器を仕掛けることで、自分の知らない訪問者がないかどうかが逐一分かるようになるからです。自宅に仕掛けているのですから犯罪にはなりません。しかし、夫婦の間であってもプライバシーは守られなければなりませんので盗聴器の使用を否定する人もいるかもしれません。 しかし、夫婦の間柄で心配事がある状態では疑念がエスカレートしかねません。そこで、盗聴器がある意味「安心感」になるのでしょう。事実、盗聴器の販売会社や探偵事務所に浮気調査のために盗聴器の設置依頼が絶えないそうです。盗聴器を仕掛けることで、浮気への疑念が解け夫婦仲がうまくいくなら、ある意味良いことなのかもしれません。最近では家電ショップで盗聴器が販売されており、個人で購入し、自分で自宅に設置する人も増えています。 しかし、浮気調査のために仕掛けられた盗聴器がそのまま放置されてしまうこともあるようです。多くは電池式のため、電池切れとともに用をなさなくなるからです。賃貸物件の場合、前の居住者が仕掛けた盗聴器がそのまま残っていることもあり、引っ越し会社のサービスや探偵事務所や便利屋によって盗聴器が発見されることも相次いでいるようです。盗聴器は犯罪にならないように注意しつつ、効果的に利用されることが望まれています。