マリオ・ブルネロ
&オーケストラ・ダルキ・イタリアーナ


■?日時 : 7月2日(金)19:00開演
■?会場 : サントリーホール 大ホール (→地図)
■?チケット : 全席指定 SS:\10,000 S:\8,000 A:\6,000 B:\4,000
マリオ・ブルネロ
© 堀 衛


若き巨匠ブルネロ率いるイタリアの弦が、熱く歌う。
あふれる音楽の喜び!
紀尾井シンフォニエッタ東京との共演も注目!

若き巨匠ブルネロが指揮にチェロにその実力を遺憾なく発揮。イタリア気鋭の作曲家であるチェリストのソッリマ、スカラ座オーケストラ史上最年少で首席ヴィオラ奏者となったロッシと、小澤、デュトワ、スラトキンも認める日本の逸材 中野翔太という多彩なソリストを迎え、バッハから現代音楽まで音楽の喜びをだれもが実感できるプログラムを披露。近年名演の誉れが高い紀尾井シンフォニエッタ東京とブルネロの共演もサントリーホールで実現。



マリオ・ブルネロ (指揮、チェロ)
ジョヴァンニ・ソッリマ (作曲、チェロ)
ダニロ・ロッシ (ヴィオラ)
中野翔太 (ピアノ)
オーケストラ・ダルキ・イタリアーナ
紀尾井シンフォニエッタ東京




バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第6番
ソッリマ:チェロよ、歌え!
カヒーゼ:ブリューダーシャフト(日本初演)
ハイドン: チェロ協奏曲 第1番
モーツァルト: 交響曲 第40番




4月19日(月)10:00a.m. 発売
全席指定 SS:\10,000 S:\8,000 A:\6,000 B:\4,000





*下記のプレイガイドでもお取り扱いがございます。残席状況につきましては、個別にお問い合わせください。

- サントリーホール チケットセンター?? TEL: 03-3584-9999

- チケットぴあ?? TEL: 0570-02-9999 ※一部携帯電話と全社PHSのご利用不可

- CNプレイガイド?? TEL: 03-5802-9990

- e+(イープラス)?? ??http://eee.eplus.co.jp





【マリオ・ブルネロ】
1960年イタリア生まれ。A.ペンドラメリ、A.ヤニグロに師事。86年チャイコフスキー国際コンクール優勝および批評家特別賞・聴衆賞受賞。その後ジュリーニ&ミラノ・スカラ座管、シノーポリ&フィルハーモニア管ほか小澤征爾、メータらと共演、評価を不動のものとした。98年来日公演ではゲルギエフ&キーロフ歌劇場管、サヴァリッシュ&NHK交響楽団と共演。N響とは02年にパーヴォ・ヤルヴィ、03年アルブレヒト指揮で再度共演した。01年にはV.サハロフと、02年第18回<東京の夏>音楽祭ではアファナシエフと15年ぶりに共演し話題を呼ぶ。指揮者としても活躍中で、2000年・03年にはオーケストラ・ダルキ・イタリアーナを率いて来日。また01年・03年には紀尾井シンフォニエッタ東京とも共演している。近現代の無伴奏チェロ作品集『アローン』、ルケシーニとの『ブラームス・チェロ・ソナタ集』、指揮とチェロで『イタリア』『古典』『フィルム』をリリース。02年パドヴァ歌劇場管弦楽団音楽監督就任。


【ダニロ・ロッシ】
F.メルリーニに学び、P.ファルッリ、D.アショッラ、Y.バシュメット、P.ボルチアーニに室内楽を師事。ストレーザ音楽コンクール、ヴィットリオ・ヴェネト・コンクール、第3回モスクワ国際ヴィオラ・コンクールで最優秀賞受賞。1986年20歳の時にムーティの指名により史上最年少でミラノ・スカラ座管の首席ヴィオラ奏者となる。以来トルトリエ、バシュメット、カニーノ、チョン・ミョンフン、ブルネロ、ルケシーニ、ムーティらと共演。またソリストとしてフェニーチェ歌劇場管、ブダペスト響、ドイツ室内管、ミラノ・スカラ座管、モスクワ・ソロイスツなどと共演。録音も多数。


【オーケストラ・ダルキ・イタリアーナ】
1994年ブルネロを指揮者に迎え創設された弦楽オーケストラ。レパートリーはバロックから現代まで幅広い。国際的な音楽家たちと多数共演するほか、各地の音楽祭にも参加。本拠地ヴェネト州カステルフランコで定期演奏会を行うほか、2000年から毎年ミラノで独自の演奏会シリーズを主催。また98〜00年トリノのヴニオーネ・ムジカーレ、01年からはボローニャのムジカ・インシエーメの定期オーケストラとして活動。00年初のアジア・ツアーを行い、各国で高い評価を受ける。00年・03年のブルネロと来日し好評を博す。ブルネロの指揮とチェロでCD『イタリア』『古典』『フィルム』をリリース。


【紀尾井シンフォニエッタ東京】
1995年紀尾井ホールのレジデント・オーケストラとして設立。尾高忠明がミュージック・アドヴァイザー/首席指揮者として設立段階から関わり、国内有数の室内オーケストラに育て上げた。リーダーの澤和樹、豊嶋泰嗣、原田幸一郎ほか在京オーケストラのコンサート・マスターや著名なソリストらが集い、高い技術と音楽性を持つアンサンブルとして成熟。年10回の定期公演ほか、2000年秋には初の欧州公演も行い、アムステルダム、ザルツブルク、ウィーンなどで高い評価を得る。近年はブルネロ、ポッペン、ボッセ、井上道義、広上淳一らを客演指揮者に迎えて新機軸を打ち出し注目される。特にブルネロとの2度の共演は名演の誉れも高い。



* 未就学児のご入場はご遠慮下さい。
* やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、演目など変更となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。





CopyRight © 2006 Arion-Edo Foundation.?
プライバシーポリシー